天才!志村どうぶつ園、動物と話せる女性ハイジが話せないハシビロコウとは?

ハシビロコウ エンターテイメント

こんにちは。AKARINです。

先ほどテレビの番組表を見ていたところ、11月4日(土)に19:00から「天才!志村どうぶつ園」が放送されるらしいです。

内容としては、動物と話せる女性ハイジが、動けない鳥ハシビロコウと話そうとするが、初めて話せないという事態が起きてしまうという内容みたいです。

ハイジさんはこれまで、「天才!志村どうぶつ園」にたくさん出演してきて、たくさんの動物と話してきましたが、本当に話せない動物が現れてしまうのでしょうか?

そこで今回は、動物と話せる女性ハイジと、そのハイジさんが話すことのできないハシビロコウについて、詳しく説明していきたいと思います。

 

動物と話せる女性ハイジについて

ハイジさんが日本で有名になったのは、「天才!志村どうぶつ園」に出演し始めた事がきっかけだと思われます。

調べてみるとハイジさんは子供の頃から”テレパシー”の能力を持っていたみたいです。

もとは、警察官としてその能力を活かしてきましたが、感情移入や洞察力について研究したことと、以前から動物をよく見て大切にしてきたことで、動物と話せるようになったようです。

そいて数々の動物の気持ちを読み取り、その動物と飼い主を沢山救ってきたようです。

 

ハイジに流れている噂さとは?

そんなハイジさんですが、ネット上では”やらせ”なんじゃないか?とか、”エンターテイメント”だ

というような噂も流れています。

確かに、動物と話せる人はハイジさん以外見たことがない人がほとんどだと思いますし、ほとんどの人ができないことをテレビで行っているので、「やらせじゃないの?」と思う人も多いと思います。

ですが、実際にハイジさんが出演しているテレビを見ると、いつも真剣に動物と向き合おうとする姿勢が伝わってくるのは事実ですよね。

私も以前猫を飼っていて「可愛いなぁ、何考えてるんだろう…?」と思うことはありましたが、ハイジさんのようにほとんど自分のペットについて考えているわけではありませんでした。

このことから、ハイジさんは本当に動物と話すことはできなくても、動物の気持ちを理解する事はできているのではないでしょうか?

 

ハイジがこれまで話してきた動物は?

ハイジさんはがこれまで「天才!志村どうぶつ園」で話してきた動物をまとめてました。

・津波で飼い主を亡くした犬

・寝たきりの犬

・天才イルカ

・愛犬ロム

・足をすべて失った犬

他にもまだありますがハイジさんは犬の気持ちを読み取ることが多いようです。

 

ハイジが話すことのできなかったハシビロコウについて

さて、今回の一番大きな題となっている、ハイジさんが初めて話すことのできなかった鳥、ハシビロコウについてですが、ハシビロコウとは、大型の鳥類で全長(ハシビロコウの場合は足から頭長まで)は110cm~150cmもあるようです。

羽毛は青みがかった灰色で、羽の色は青みがかった羽毛より濃い灰色で、背には緑色の光沢があるみたいです。

また、後頭には仲間とのコミュニケーションによく使われる特徴のある羽毛、冠羽というものがあるらしいです。

ハシビロコウは基本的にあまり動かない鳥で、相手に対して特別な思いがあったり、親しみを持っているとお辞儀をしてくれる、可愛らしい一面もある鳥です。

また、嘴をたたき合わせるようにして大きな音を出し仲間に合図を送ったりもします。

 

なぜハイジはハシビロコウと話すことができなかったのか?

そんなハイジさんとハシビロコウですが、どうしてハイジさんはハシビロコウと話すことができなかったのでしょうか。

ネットで調べてみて私も思ったことですが、先ほども説明したように、ハシビロコウは普段あまり動かない鳥なので、感情がとてもつかめにくく、気持ちを読み取ることがないのではないでしょうか。

人間の間でもあるように、普段からあまり表に出すことのできない人の気持ちは、読み取ることが難しいものです。

このことから、同じ人間でないハシビロコウの気持ちを読み取ることは、もっと難しいことだと思うから、ハイジさんにもできなかったのだと私は思いました。

 

天才!志村どうぶつ園を見た結果

私が実際にハシビロコウとハイジさんが出演したという『天才!志村どうぶつ園』という番組を見た結果、最初はハイジさんにもハシビロコウの気持ちがわからなかったのですが、そのあとすぐに通じ合うことがができていました!

どんな動物とも通じ合えるなんて、やっぱりハイジさんは素晴らしい人ですよね。

 

まとめ

普段からどんな動物にもしっかりと向き合っていくハイジさんはやはり動物を誰よりも大切にしている、とても優しい人だと思いました。

私ももう少し動物との距離を縮めていけたらなと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました